熊取の永山病院は地域医療のプロフェッショナルとして日々の医療に当たっております。

看護部

看護部紹介



看護部長あいさつ

当院は、二次救急から、急性期、地域包括ケア、療養病棟を持つケアミックス型施設でそれぞれの病棟の特徴に応じた患者さまのケアを提供しています。そして患者さま、家族様とコミュニケーションを十分に図り、多職種と共に、個別性やその人らしさを重視した方向性を相談し、看護ケアに反映できるよう努めています。

看護部では、人との出会いを大切にし、相手の立場に立って行動することを心掛けています。また一人ひとりが、安全で質の高い看護の提供ができるよう、専門職業人として自己研鑚に努めキャリアアップし、社会人としても成長でき活き活きと働き続けられる職場環境づくりを目指しています。

看護部理念



私たちは常に、

患者さまの立場に立って安心できる看護を提供し、親切・丁寧に対応します。
患者さまの個別性を尊重し、継続した看護・介護を実践いたします。
専門性を高め、看護の質の向上に努めます。

看護部目標



Ⅰ 看護の質の向上

クリニカルラダーを理解する
看護計画に沿ったケアを実践する
明るく元気な職場づくり


Ⅱ 医療安全管理体制の充実

ヒヤリハットから安全意識の感性を高める
感染症防止に努めアウトブレイクさせない
災害対策の基本的知識の周知


Ⅲ 経営への参画

病床運営の連携強化         
効率の良い時間管理

看護部概要



部署

外来、内視鏡センター、一般病棟、療養病棟、手術室、人工透析室



看護単位 8単位


総入院病床数 230床

一般病棟
本館 2階
本館 3階
東館 3階
104床
53床
51床
44床(地域包括ケア病棟)
療養病棟
東館 1階
東館 2階
82床
26床
56床







看護方式

チームナーシングとプライマリーナーシングの固定チーム制

教育体制



看護部教育理念

病院及び看護部の理念に基づき、看護職員が豊かな感性と高い倫理観を身に付け、主体的、積極的にキャリア開発することを支援します。
職員の成長と共に組織としての成長を目指し、地域医療に貢献します。



看護部教育目標

・地域の人々に求められる看護実践を創造できる能力を養う
・人権尊重を基盤とし、医療・看護・生活を語り合える環境をつくる
・後輩を育成し、自らも成長する

院内教育

・集合研修
  ・OJT
  ・院内短期留学
  ・看護研究発表会
  ・E-ラーニング


院外教育

・長期・中期講習会・研修会(教育・管理・専門領域)
・短期研修(看護協会主催など)
・各種学会(発表・参加)
・認定看護師・専門看護師などになるための大学・大学院進学など

その他

・認定看護師等、資格取得のための支援制度があります。