薬剤部

医療現場において、医療を支えていく薬の専門職としての知識を身につけるよう私たちは日々努力しています。 患者さまにあわせた薬物療法が適正かつ安全に行われるよう、医療チームの中で連携をとりつつ、様々な角度から業務に関わっています。 また、本年度より認定実務実習指導薬剤師が2名となり、薬学生実習の受け入れを行っています。

スタッフ

人員構成

薬剤師   9名(常勤7名 非常勤2名)  調剤補助  4名

勤務時間

8:30~17:00(居残り担当あり1時間)シフト制(日祝日は交代出勤)

業務内容

【調剤業務】
ユヤマ調剤支援システムを活用し、調剤を行っています。
一包化する薬剤は全て服用日時・薬剤名を印字したり、患者さまごとの情報(禁忌・副作用歴など)を処方箋に印字したりとリスク回避に対する取り組みを行っています。

【注射業務】
病棟患者さまごとにトレイで払い出しを行っています。
投与量・投与速度・配合変化などをチェックしています。外来・病棟の薬剤の定数・期限確認も行っています。

【持参薬確認】
入院される患者さまが現在服用している薬の内容を確認し、当院採用代替薬の提案・残数の確認を行い、鑑別書を作成しています。
持参薬の一包化業務も行っています。持参薬の残がなくなり、当院処方薬へ変更した際の説明や、自宅での服薬管理がスムーズに行えるよう服薬指導時に説明を行っています。

【抗がん剤混注業務】
安全キャビネットを使用し、薬剤師が混注を行っています。
経管患者さまに対する内服抗がん剤の調製も薬剤部で行っています(平均24件/月)。
新規レジメン作成時には主治医と十分な検討を行っています(現在レジメン数17)。


【病棟業務】
全病棟対象患者さまへの服薬指導を行っています。ご家族への指導も行っています。入院時カンファレンス・退院時カンファレンスへの参加も積極的に行い、患者さまの情報を共有しています。

【DI業務・医薬品管理業務・治験業務】
製薬メーカーからの医薬品情報の収集・管理を行っています。患者さまが医薬品を安全かつ適正に使用するため、情報の重要性及び緊急性を評価・判断し、医師・看護師への情報提供を行っています。
開発中の薬の治験及び市販後調査等の支援業務を実施しています。

【血液製剤管理業務】
薬剤部内に血液製剤用保冷庫・バイオメディカルフリーザーを設置し、RBC・FFPなどの血液製剤の管理・発注を行っています。検査部と連携し、緊急発注にも対応しています。


チーム医療

医療安全委員会(医療安全管理者としての活動)・感染対策委員会
(抗菌薬適正使用・TDMの実施・ICTラウンドへの参加)・褥瘡委員会(褥瘡ラウンドの参加・褥瘡に使用する院内製剤の調製)・NST委員会・輸血療法委員会など各薬剤師がそれぞれの専門性を発揮しています。

勉強会への参加

薬剤部内勉強会の開催(1~2回/月)、院外勉強会の参加を積極的に行っています。薬剤師全員が日病薬病院薬学認定薬剤師の資格取得に向けて頑張っています。糖尿病療養指導士は現在3名習得しています。
新人薬剤師は必ず新入局薬剤師研修会を受講し、薬剤師の育成に努めています。

標榜診療科診療技術部
内科 糖尿病内科 眼科
外科 腎臓内科(人工透析) 救急科 整形外科 呼吸器内科 麻酔科
脳神経外科 消化器外科 神経内科 泌尿器科 乳腺外科 心療内科(精神科) 消化器内科 リウマチ科
臨床検査部 診療放射線部 薬剤部 栄養管理部 リハビリテーション部
循環器内科 リハビリテーション科
診療時間
午前診
月~土曜日
9時~12時
昼診
月~金曜日
14時~16時
夜診
月~金曜日
18時~19時半

面会時間/10:00~21:00
(別館は20時まで)
休診日/日曜日・祝日

急患の患者さまは
24時間365日随時対応しています。

ページ上部へ
Copyright (C) 2013 NAGAYAMA HOSPITAL ALL Rights Reserved.