医療安全指針について

医療安全指針について

特定医療法人三和会医療安全管理指針

医療安全に関する基本的な考え方

医療事故を防止し、安全かつ適切な医療及び介護サービスの提供体制を確立し、
医療事故発生の際には真摯な対応 を行なうとともに、再発防止を院内共通の課題として、
医療事故防止策の周知徹底積極的な取組みを行う。

医療安全管理のための体制

医療安全管理ならびに事故発生時の緊急対応について、組織全体が迅速かつ効果的に機能するように、
次の役職および組織等を設置する。

① 医療安全管理委員会

安全管理に関する各部門・部署からの意見を取りまとめ、安全管理対策の方針について
多職種で検討・討議を行う横断組織的な委員会として、各施設に医療安全管理委員会を設置する。

② 統括安全管理者

医療安全を推進する統括者として、各施設に統括安全管理者をおく。
統括安全管理者は、看護部長又は看護介護部長をもって充てる。

③ 医療安全管理室
   医療安全管理室運営委員会
   安全管理担当(以下 医療安全管理者)

本院における安全管理対策委員会の協議に基づいて決定された医療安全対策の方針を
横断組織的に推進する部門として、医療安全管理室を設置し、医療安全管理室に、
医療安全管理者を置く。また、医療安全管理室運営委員会を設置し、
医療安全管理者と協同して医療安全管理室の運営にあたる。

◆医療安全管理者は、病院長、統括安全管理者からの指示により、次の役割を担う。

安全管理部門の業務に関する企画立案及び評価を行うこと。

定期的に院内を巡回し各部門における医療安全対策の実施状況を把握・分析し、医療安全確保のために
必要業務改善等の具体的な対策を推進すること。

各部門における医療事故防止担当者への支援を行うこと。

医療安全対策の体制確保のための各部門との調整を行うこと。

医療安全対策に係る体制を確保するための職員研修を企画・実施すること。
相談窓口等の担当者と密接な連携を図り、

医療安全対策に係る患者・家族の相談に適切に応じる体制を支援すること。

④ 部門・部署の安全管理者(以下 セーフティマネージャー)

部門・部署セーフティマネージャーの配置

各部門・部署で医療安全管理活動を推進する者として、各部門・部署ごとに部門・部署セーフティマネージャーを配置する。
部門・部署リスクマネジャーは各部門・部署の責任者が任命する。

部門・部署セーフティマネージャーの役割

部門・部署セーフティマネージャーは、次に掲げる各号についてその役割を担う。

各部門・部署で医療安全管理活動を推進する者として、各部門・部署ごとに部門・部署セーフティマネージャーを配置する。
部門・部署リスクマネジャーは各部門・部署の責任者が任命する。

① 各部門・部署における「インシデント報告」の収集・分析
② 各部門・部署における事故予防策、再発防止策の検討・推進
③ 各部門・部署における医療安全管理活動の周知・徹底
④ 施設全体の医療安全管理に関する各部門・部署の意見のとりまとめ、提案

(医療安全管理体制)

診療時間
午前診
月~土曜日
9時~12時
昼診
月~金曜日
14時~16時
夜診
月~金曜日
18時~19時半

面会時間/10:00~21:00
(別館は20時まで)
休診日/日曜日・祝日

急患の患者さまは
24時間365日随時対応しています。

ページ上部へ
Copyright (C) 2013 NAGAYAMA HOSPITAL ALL Rights Reserved.