糖尿病患者さまの会 永山病院 糖友ひまわり会

糖尿病は自分自身のがんばりが必要な病気ですが、
1人でがんばっても限界があります。
糖友ひまわり会はみんなで励ましあって
一緒に食事・運動などをがんばろうという目的で結成されました。

糖友ひまわり会についてご紹介

会  長:松浪 一さん
顧問医:高橋 均 医師
会員数:32名

糖友ひまわり会の会員はもれなく、日本糖尿病協会、大阪糖尿病協会にも入会することになります。
日本糖尿病協会の発行する機関紙「さかえ」、大阪糖尿病協会発行の新聞が配布されます。
「さかえ」は糖尿病治療のこつや最新の話題など非常に良い記事が多く重宝します(我々スタッフも愛読しています)。

ページトップへ

糖友ひまわり会の主な活動

■歩こう会
春、秋、年2回行っています。
当日永山病院に集合、血糖・血圧を測定後、バスで会場(りんくうパパラ、とんぼ池公園のいずれか)に移動し、 カロリー計算した弁当を食べた後、5km,3km,1kmのいずれかの距離を歩行します。
バスで病院に帰って解散。費用は弁当代と傷害保険料を頂いています。 非常に好評です。

■ひまわり新聞の発行
年に2回発行しています。会員さまに書いていただいた記事や医師・糖尿病療養指導士の書いた記事などを載せています。

■糖尿病交流会
世界糖尿病DAY(11月14日)にちなんで11月に1日、毎年違うテーマで交流会を開催しています。

ページトップへ

糖尿病教室

・ 第2週・第4週の金曜日の昼2:00~4:00ごろに行います。(2か月で1クールになっています。)
・ 初回参加時にコピー代として300円、管理栄養士による食事指導日(偶数月第2週)のみ食事指導代、
健康保険の種類によって0~210円を頂いています。
・ 予約等は必要ありません。
ただし、月によってはスケジュールの変更がある場合もありますので事前に問い合わせて下さい。
尚、予定は1クール毎、外来棟又は病院内に掲示してあります。
・ 何回出席していただいてもかまいません。

ページトップへ

糖尿病教室スケジュール

奇数月第2週 糖尿病とは、糖尿病の合併症
奇数月第4週 糖尿病の食事療法(看護師による指導)、運動療法
偶数月第2週 糖尿病の食事療法(管理栄養士による指導)
偶数月第4週 糖尿病の薬物療法(内服薬、インスリン)、シックデイ・低血糖の対応

ページトップへ

・入院は随時可能です。糖尿病といってもいろいろな状態があり、現在の状態を把握し、
一番良いと思われる治療法を選択します。1型糖尿病や特殊な状態(糖尿病昏睡など)にも対応します。
・合併症の諸検査も行います。当院には眼科、腎臓内科、透析もあり、
糖尿病悪化時のいろいろな状況に対応できます。
・当院には糖尿病療養指導士が17名(看護師9名、薬剤師5名、管理栄養士1名、理学療法士1名、臨床検査技師1名)おり、患者さまの指導にあたっております。
スタッフは月に2~3回勉強会を行ったり、院外研修に積極的に参加し、常に適切な指導ができるように努力しております。

糖尿病教室のお問い合わせ先は、072-453-1122永山病院内科外来まで