院長挨拶

地域医療のプロフェッショナルとして

平成28年4月より永山病院の院長になりました、永山孝一です。

外科医として永山病院に赴任して20年が経ちましたが、
今回、病院長という大役を 仰せつかり、責任の重さに身の引き締まる思いです。

これからも赴任当時の外科医の気持 ちを忘れず、病院の発展に全力を尽くしたいと考えています。
永山病院は理念として掲げた「昼夜を問わず今すぐに」の精神をこれからも大事にし、
信頼される地域医療を目指します。

そして、職員にも地域の人たちからも愛される病院として、患者様のために最高のチーム医療を、
最高のサービスを提供できるよう努力してまいりたいと考えています。
平成26年度より当院は地域包括ケア(住み慣れた地域で、自分らしい生活を可能な限り送り続けることを支援する体制)病棟を立ち上げ、地域社会に必要不可欠な医療・介護・福祉サービスの提供を行ってきました。

これからも高齢者の方々が増加するとともに、医療・介護の利用が増えていきます。
この地域で安心して住み続けていただくために、救急、急性期治療、地域包括ケア、療養 病床、在宅治療に取り組んでまいります。

今後も、地域の先生方と密なる連携を取りながら、患者様に喜んでいただける安心・安全 で質の高い医療を提供できるよう努力を続けていく所存であります。
皆様方のご理解とご支援のほどよろしくお願い致します。

社会医療法人三和会 永山病院院長  永山 孝一

ページ上部へ
Copyright (C) 2013 NAGAYAMA HOSPITAL ALL Rights Reserved.